市街化区域外の農地転用許可申請について

2019年11月21日(木)

市街化調整区域など市街化区域外の農地を転用するときには、許可が必要です。

許可の申請をすると、転用の目的、転用する農地の市街地への近接度合、

転用の確実性、周辺農地への影響などの審査が行われます。

4ヘクタール以下の農地転用は、農業委員会が許可します。

ヘクタールを超える農地転用は、農業委員会を経由して県知事が許可します。

農用地区域内の農地(通称:青地農地)は、原則として転用することができません。

転用する場合には、いくつかの条件を満たした上で、事前に農用地区域から

除外する手続きを行い、承認を受ける必要があります。

また、この条件を満たす理由に関しては、専門家に相談してアドバイスを受ける方が

望ましいと思います。自己判断で転用許可を求めることは、場合によっては

非常に時間を使うことにもなりかねません。

 

当事務所では、農用地区域からの除外申請も含めて、

農地転用の許可申請に対して、幅広くご相談をお受けして

おりますので、農地転用にお悩みの方は

いつでもお気軽にご相談下さい。

 

※過去の「お知らせ」情報は、「お知らせ」をもう一度

 クリックしていただくと見ることができます。

 ご確認の程、何卒宜しくお願い致します。